CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 京屋染物店さんの手ぬぐい、新柄ですよ。 | main | 菊まつり >>
2013年収穫のキャットニップの検査報告
遅くなってしまいましたが、
やっと2013年のキャットニップの検査に行って来ました。
2013年に当店(東京都台東区谷中)のベランダで、
栽培+乾燥させたキャットニップからは、
放射性物質は検出されませんでした。

検査結果

2011年、2012年に栽培+乾燥させたキャットニップの
使用は見送ってきましたが、
2013年のキャットニップからは使用しようと思います。
というのが、2013年栽培分への結論で、
当店の放射性物質への取り組みへの
一応の終止符と考えています。

検査結果

今回の計測は以前と同じ「ベクミル」さんで行いましたが、
最近はより精密な検査を行うため、検査サンプルを
専用の機械で粉砕してから行っているそうで、
乾燥キャットニップでは、サンプルの容積がグンと減ってしまったため、
検出限界が、43.38bqとやや高めではあるのですが、
グラフにピークも表れてないので(左端にピークは関係ないそうです。)
大丈夫ですと、検査してくれた方が太鼓判を押してくれました。
以前は自分で行い、大きな画面で分かりやすかったのですが
今は、画面では分かりづらいですが、詳細な検査結果を
紙面で出してくれるようになっていました。

以前のブログで私の考えをご理解いただけたらと
思っていますが、2013年分から使用を始めますが
福島の原発事故は終息したとは思っていないので、
色々な方面から情報を入手する努力は変わらず続け、
少しでも怪しい事があった場合は、再び計測してから
使用するようにしますので、皆様にはご安心して
いただけたらと思います。
私は、いつでも我が家のコテツの事を1番に考えています。
それは、そのように思う事で、お客様のおうちの猫さんに
全てが伝わって繋がっていると考えているからです。
猫は家族です。
家族には安心なものを選んであげたいとずっと思っています。

今年もスイスに住んでいる友人が心配して
キャットニップの栽培を続けて送ってくれているので、
表示は谷中産のままですが、スイス産があるうちは、
そのスイス産と谷中産を混ぜて使っていくと思います。
ご心配やご不安な方はご連絡をいただけたら
分かっている範囲内でお応えしますので、
お気軽にご連絡をいただけたらと思います。

日本中、世界中の命あるもの全てが
安心して、ひっくり返ってお日様を浴びれる日がやって来ることを
心から願います。
想像すれば叶うと想いたいです。
猛烈にラブアンドピース!

今週末は連休ですが再び台風が来るようで、
お天気がまだはっきりしないので、金曜日ぐらいに
またこちらでガレージ谷中草庵の予定をお知らせします。

谷中草庵web-shopはこちら
 
| 放射性物質への取組み | 14:19 | - | - | pookmark |